SERVICE

LGS・ボード工事

仕上がりまで綺麗、高品質な内装工事。

LGS・ボード工事は内装の仕上げとして行う工事です。
LGSは「軽量鉄骨」「軽鉄」などとも呼ばれ、建築物の内容に壁を設ける工事で、精度の高い施工を低コストで出来るため重宝されますが、曲がった面の施工は難易度が上がります。
またボード工事は、壁だけでなく天井など部屋全体の内装にボードを貼り付ける仕上げ作業で、求められる性能に応じて「吸音ボード」「遮音ボード」など数え切れない程のボードから適したものを施工します。
 

どちらの仕上げも、現代の建築では行わないことの方が少ないほどメジャーな工事です。
建物の仕上がりを大きく左右してしまう工事だからこそ、経験豊富な東信にお任せください。

金属工事

金属の持つ無限の表現力を引き出す。

階段、間仕切り、照明周り、扉・・・など、金属工事が必要とされる場所は多岐に渡ります。
さらに建築の知識だけではなく、多種に渡る金属の「最適な加工知識」がなければ成立しないため、培われた経験がものをいう分野でもあります。
 

東信は創業時から金属工事を軸としてノウハウに磨きをかけ続けており、設計から取り付けまで、金属工事の全てに一貫して対応できる高い技術力が強みです。

木造耐火

確かな消防知識に基づく信頼の施工。

法改正により、耐火・準耐火の木造建築需要はますます増える見込みです。
木造建築物は人への優しさだけでなく、コスト面や建築における柔軟さでも多くのメリットがあるため、人が多く集まる学校や幼稚園、老人ホームなどにも広く普及していますが、大切な空間だからこそ、確かな知識に基づく耐火施工が必要です。
 

東信では、耐火構造・準耐火構造など、建物の用途にあわせて最適なご提案をご提供します。